株式会社MAHO FILM|マホウフィルム

WORKS

うちの娘の為ならば、俺はもしかしらた魔王も倒せるかもしれない。

2019年07月
TV
うちの娘の為ならば、俺はもしかしらた魔王も倒せるかもしれない。
若くして頭角を現し、近隣にその名を知られる凄腕冒険者の青年デイル。
とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、
そこでガリガリにやせ細った幼き魔人族の少女と出逢う。
罪人の烙印を背負いしその少女・ラティナをそのまま放置できず、
不本意ながら保護者になることを決意したデイルだったが――
「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」
――気づけばすっかり親バカ全開に!?

©CHIROLU, HOBBY JAPAN/Uchi No Ko PARTNERS

スタッフ

キャラクターデザイン  出口花穂
プロップデザイン  大久保富彦、児玉 萌、大場優子、小池瞳子
制作・制作著作  MAHO FILM